日本大学理工工学部 桜理祭

桜理祭とは

はじめに

日本大学理工学部・短期大学部では船橋キャンパスで平成27年度より名称を『桜理祭』に改め、学部祭を開催しております。
さらに、今年度は船橋キャンパスで行われる学部祭が50回目という節目でもあります。

第3回桜理祭開催テーマ

平成29年度桜理祭の開催テーマが,「刻む」に決定しました!

「刻む」

理工学部の学部祭は今まで行われてきた習志野祭(船橋キャンパス)と青駿祭(駿河台キャンパス)が統合し,平成27年度から桜理祭として新たな時を刻み始めました。桜理祭としては誕生したばかりですが,船橋キャンパスで行われる学部祭は今年で50回目であり,半世紀以上の歴史があります。この節目の年に刻まれてきた歴史を振り返り,私たちならではの桜理祭を新たな歴史として刻み,未来に繋げていきたいと考え,今回のテーマとしました。また刻んできた時間や歴史を感じさせる茶色をテーマカラーとし,来場者には桜理祭に居心地の良さを感じてほしいと思います。

委員長挨拶

理工学部船橋校舎で開催する学部祭はたくさんの方のご支援ご協力により習志野祭、桜理祭と合わせて今年で50回目を迎えます。
これも多くの方のご来場、船橋校舎近隣の皆様のご理解、近隣学校のご協力、ご指導、協賛企業のご支援によるものです。
実行委員会を代表いたしまして厚くお礼申し上げます。

今年度のテーマは「刻む」に決定いたしました。
これまで刻まれてきた時を振り返り、第3回桜理祭を新たな歴史として刻み、これから刻んでいくであろう未来の桜理祭に繋げていきたいという思いを込めております。

桜理祭ではお子様が楽しめる科学実験やステージを利用したイベント等をご用意しております。学部生出店の模擬店や展示、研究室公開もあり理工学部を知っていただける場ともなっております。当HPで随時情報を公開していきます。
またHP更新のお知らせの他、実行委員会の活動の様子等を桜理祭マスコットキャラクター「ふーぷく」が発信しているTwitterもございますので、ぜひご覧ください。

多くの方に、当学部祭の歴史と未来に触れていただきたいと思っております。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

第3回桜理祭実行委員長 応用情報工学科 大山美夢

TOP